健やかな髪のために

健康な髪をキープするために気をつけたいポイントを紹介していますので、健やかで美しい髪を目指している方はご覧になってみてください。

髪のダメージの原因

・外気の乾燥
乾燥といえば湿度が低くなる冬を思い浮かべる方が多いと思いますが、暑い夏場も注意が必要です。職場や百貨店など、エアコンにより乾燥している場所は色々あります。乾燥した髪は、静電気が発生しやすくなります。
静電気は、キューティクルを剥がれやすくすると言われていますので、椿油などでヘアケアすることをおすすめします。椿油で大切な髪をケアするなら、当社で取り扱っている「椿なの」をお使いください。「椿なの」には、ナノサイズの潤い成分が髪をコーティングしてくれます。

・摩擦
摩擦は、髪にダメージを与える原因の1つですので、タオルドライの際はゴシゴシと水分を拭き取るやり方は避け、優しく水分をタオルに吸収させてください。シャンプーの後はキューティクルが開いている状態で、特にダメージを受けやすいと言われていますので、タオルで濡れた髪を優しく包み込むようにしましょう。

髪が乾燥すると

髪に潤いがない状態だと、様々な悪影響がでてきます。乾燥すると髪がパサついて、まとまりがなくなります。また、髪表面のキューティクルが剥がれ落ちてしまい、「枝毛」「切れ毛」の原因にも繋がります。これらのダメージを抑えるためには、スキンローションなどでスキンケアするように髪に潤いを与えるのが一番です。

当社が取り扱っている「椿なの」は、界面活性剤不使用ですので安心してお使いいただけるヘアローションです。無添加のヘアケア商品をお探しの方は、チェックしてみてください。その他にも、マイクロバブルを発生させるシャワーヘッドなど美容に役立つアイテムも取り揃えています。